デジタルツインで物流DXを支援するDatumix株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:奥村 知樹)は倉庫管理の課題解決を目指し、2021年9月21日(火)に「デジタルツイン・シミュレーションを活用した物流倉庫DX支援サービス」の提供を開始します。

デジタルツイン・シミュレーションを活用した物流倉庫DX支援サービス:https://datumix.co.jp/simulation/

    「物流倉庫向けデジタルツイン・シミュレーション」とは?

    「デジタルツイン・シミュレーションを活用した物流倉庫DX支援サービス」は、潜在的な課題に気付き、最善の設計と管理方法の発見に役立つシミュレーションツールです。

    仮想空間に「現実と同じ倉庫」を作成し、まずその空間の中で業務を行います。そのシミュレーションで得られた結果を用いて倉庫設計・管理の計画を立てることで、設計品質の向上と倉庫内の管理最適化を目指します。

    デジタルツインを活用した高精度なシミュレーションが、倉庫の設計や倉庫管理業務改善への定量的な根拠をもたらします。

    サービスで得られる効果

    1.新設倉庫のレイアウトの設計品質向上、運用開始後のトラブル対応コスト削減

    当サービスでは「現実と同じ倉庫」でのシュミレーションを数十~数百回繰り返すことで
    ・運用開始後に生じる問題を事前把握
    ・対策を設計に反映
    などの効果が期待でき、さらに問題への対策をAIが提案します。
    表計算ソフトなどによる簡易的なシュミレーションでは難しかった設計品質の向上が期待できるため、運用開始後のトラブルを未然に防ぎます。

    2.既存倉庫のマネジメント高度化による人件費の削減


    「今」とまったく同じ状況の「仮想空間」でシミュレーションができるリアルタイムシミュレーションにより、より質の高い既存倉庫のマネジメントが可能です。
    また従来のシュミレーションツールでは予測できなかった人ごとの作業効率の予測を、実績データを使った機械学習によって予測することで人材配置が最適化され、人件費削減につながります。

    サービスの特徴

    当サービスは数値的な計算にとどまらず、仮想空間で実際に業務を行うこと、さらに独自のAIアルゴリズムを組み合わせることで、従来のシミュレーション以上の高精度を実現しています。

    「デジタルツイン」とは現実世界をデジタル世界で可視化することで未来を予測・シミュレーションし、その結果を活用する技術のことです。

    デジタルツイン・シミュレーションでは仮想空間に作成したもう一つの倉庫を使って独自のAIアルゴリズムを組み合わせたシミュレーションを行うことで、従来のシミュレーションでは得られない高い精度を実現。

    リアルタイムデータを活用することで机上の未来ではなく「現実世界でこれから起きること」を予測できます。

    また、従来のシミュレーションは「人のつくる設計案や作業計画の妥当性を確認するため」に使われることが多かったですが、当サービスは現実世界での具体的で最善な設計案の提案、作業計画の提案が可能です。

    会社概要
    代表者: 奥村 知樹
    設立: 2018年8月
    資本金: 8,998万円
    所在地: 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-34-5 いちご東池袋ビル6F
    URL:https://datumix.co.jp/
    事業内容: 物流業界向けDXコンサルティング、開発