デジタルツイン構築

Datumixが解決する課題
  • ・倉庫の運営や管理には莫大なコストがかかる
  • ・自動倉庫建設後やレイアウトの変更後に、機器や設備に想定外のトラブルが
     発生

 

Datumixのソリューション
  • ・3D空間上に物流倉庫を再現し、過去のログデータを利用して倉庫内のボトル
     ネックを検証
  • ・デジタル空間と現実世界の同期、作業者の遠隔管理・制御、実機の遠隔管
     理・制御
  • ・リアルタイムで実際の倉庫とデジタルツインが連携 (アドバンスプランのみ)
  • ・ダッシュボードで、設備の状況をグラフで可視化 (アドバンスプランかつ希
     望者のみ)
Datumixのソリューションによるメリット
  • ・現状のオペレーションのボトルネックを可視化
  • ・機器やロボットなどの予防保全が可能
  • ・サイバー空間上のモデルが随時アップデートされるため、常に最新の状態で
     シミュレーションが可能 (アドバンスプランのみ)
  • ・自動倉庫の導入後も運用状況をリアルタイムで反映し、常に効率化を提案
      (アドバンスプランのみ)
  • 価格ベーシックプラン:600万円~
    アドバンスプラン:900万円~
  • 期間ベーシックプラン:2ヶ月~
    アドバンスプラン:3ヶ月~
  • 費用対効果ピッキング所要時間 20% DOWN

STEP

デジタルツインの構築手順

  1. STEP1
    倉庫の再現
  2. STEP2
    ボトルネック分析
  3. STEP3
    報告書の提出
  4. STEP4
    デジタルツイン
    構築
  5. STEP5
    効果測定
  6. STEP6
    ダッシュボード
    構築
    (アドバンスプランのみ)
  7. STEP7
    効果測定
    (アドバンスプランのみ)

STEP1

倉庫の再現

現状の倉庫におけるログデータやセンサーを用いて、シミュレータ上に倉庫のレイアウトの再現を行います。

STEP2

ボトルネック分析

過去の倉庫のログデータやセンサーからの情報をもとに、倉庫内のボトルネックを分析いたします。

STEP3

報告書の提出

ボトルネック分析によって得られた情報を報告書にまとめ、提出いたします。

STEP4

デジタルツイン構築

デジタルツインを構築することで、リアルタイムで実際の倉庫とデジタルツインを連携させます。

STEP5

効果測定

デジタルツインによって倉庫内業務においてどれほどの効率化が見込めるかを測定いたします。

STEP6

ダッシュボード構築
(アドバンスプランのみ)

ダッシュボードを構築し、倉庫の状況をグラフで可視化します。

STEP7

効果測定
(アドバンスプランのみ)

ダッシュボードを使うことで、倉庫内業務においてどれほどの効率化が達成可能であるかを測定いたします。

対象設備・倉庫

 
 

最先端のAIを導入して物流に革新を。